本文へスキップ

〜幻の鉄路に今、列車が蘇る〜 赤村トロッコ油須原線

「油須原線」とはabout YUSUBARU-LINE

「油須原線」とは

■幻の鉄道 「油須原線」とは

 福岡県田川郡赤村。
 この村に、役目を果たすことがなかった鉄道施設が残っています。
 巨大なトンネルや切り通し・橋。まるで新幹線のような高規格で作られたこの路線は、のどかな赤村には似つかない施設でした。果たして誰が何の為に作ったものだったのでしょうか?

 油須原線が計画されたのは、戦後間もない時期。
 急激な発展を続ける日本を支えたのは、筑豊の石炭でした。
 筑豊地区に張り巡らされた鉄道網は、すべて北九州工業地区に向けて、昼夜を問わず石炭を運んでいました。
 沢山の蒸気機関車。数えきれないほどの石炭貨車。
 複々線の筑豊本線には、数分おきに列車が行き交い、筑豊炭田は最盛期を迎えていました。
 当時その需要に答えられるだけのルートは確保できず、筑豊炭田の更なる増産のネックとなっていました。
 そこで考えられたのが、筑豊炭田の末端路線から線路を延ばし、裏側である山田・油須原地区を通って行橋側に抜け、苅田港から石炭を運び出すという、新ルートの建設でした。筑豊発展・いや、日本の工業化の切り札として、国策で建設が始まりました。

 昭和32年建設着工、昭和41年上山田側が開業。
 そして、川崎〜大任〜油須原の開業が待たれましたが、そのころから時代が大きく変わり、石炭の時代が転機を迎えました。石炭の産出量は急激に減少し、苅田港側からの輸送の要望は無くなってしまいました。
 元々貨物輸送だけが主要目的であった油須原線は旅客需要に即したものではなく、貨物輸送の需要のないこの線は、開業後も黒字は見込めず、国鉄は開業を見送ることになってしまいました。
 実にほぼ全線が完成し、線路を繋ぐだけの状態まで完成したのちのことでした。

 それから幾度も開業が議論されるも実現することはなく、油須原線に接続する添田線の廃止・折角開業した上山田線の廃止と、開業の機会は失われ、ついに国鉄自体も解体。
 ここに油須原線は開業することなく、立派な施設を残して忘れられていきました。


■1995年 軌道自転車トロッコイベント


やがて多くの人から油須原が忘れられようとしていたころ、油須原線で保線用軌道自転車を使ってイベントをする話が持ち上がり、その構想に多くの村人が共感し、1995年、ついに第一回のイベントを、村民の手作りで開くことができました。
1995軌道自転車イベント(M.C.浜〜さんのホームページから)  一度も列車が走ることがなかった油須原線に200人もの人々が集まり、歓声を上げました。忘れ去られた油須原線は、再び脚光を浴びることができました。

 こうなると「本物の汽車をこの油須原線に・・。」油須原線構想に参加した関係者の夢は広がっていきました。
 イベントは翌年1996年も開催され、好評に終わることができました。



■ヨ9001と油須原線の新しい活用法


 そのころ、かつての九州の鉄道の玄関口・門司機関区に、色褪せた貨車の一団が、これまた草に埋もれて保管してありました。
 その中で一際目立っていたのが、青色の車掌車ヨ9001です。
 この車は無名ながら、試験車として多くの試験に使われ、鉄道史の陰の功労「車」でした。

 油須原線構想の関係者は、この貨車を油須原線に持ってくることができないかを考え、譲渡をお願いしました。 本格的な保存鉄道として油須原線を活用していく案でした。
 ところが、夢を描いていたのも束の間、油須原線に新たな活用策が出てきました。
 油須原線のトンネルを使って上水道を作る計画が浮上。
 あえなく保存鉄道案は消えてしまいました。

源じいの森にて保存されている「ヨ9001」車掌車 しかしそこで物語は終わりませんでした。
 保存鉄道案を惜しむ村では、水道工事ののちトンネルに新たに線路を引くことを提案。
 水道管で1m嵩上げされた線路には普通のサイズの鉄道車両は入れなくなったので、運行コストの低いトロッコ列車での復活が検討され、かつて筑豊炭田でも多く使われていた610mm軌道での整備が決まりました。


■そして開通、赤村トロッコ油須原線


 その後、トロッコを岐阜県神岡鉱山より運び込んで整備と試運転を繰り返しました。
 「トロッコを通して赤村の魅力を発信したい。」多くの村人達 がここに集まり、ここに至っています。

 平成15年10月5日。多くの方々の力によって、油須原線は観光鉄道として開通しました。
 実に計画から半世紀を超えて、「幻の鉄道」は開通日を迎えることができました。
 計画からトロッコの開通まで、どれほどの人々が、この鉄道に関わり想いを馳せてきたのでしょうか。

 平成29年10月に、トロッコは開通から14周年を迎えました。これからもよろしくお願いします。

問合せ先

赤村役場 (平日昼間のみ)
〒824-0432
福岡県田川郡赤村大字内田1188
TEL 0947-62-3000