本文へスキップ

〜幻の鉄路に今、列車が蘇る〜 赤村トロッコ油須原線

乗車の様子STATUS

2018年の運転レポート

■2018年9月9日
●雨にもかかわらず、104名のお客様にご来場頂きました。
 当日の様子は、後日お知らせいたします。

■2018年8月5日
●7月の豪雨災害の影響で鉄道や道路が一部不通であったにもかかわらず、多くのご来場を頂きました。
ありがとうございました。
7月の豪雨災害のために、並行する平成筑豊鉄道が不通となったため、代行バスが運行されていました。
代行バスの発着場は、赤村トロッコの軌道敷と同じ場所であり、同時には発着できません。
このため、トロッコの発着時間帯には、代行バスとトロッコの発着場所が変更となりました。(←写真は、当日朝6時頃の、赤村トロッコの運行開始前のものです。)
トロッコの発着場所も、午前中は少々北側に寄った場所に変更となりました。
当日は、ご来場のお客様は午前中に集中しました。(トロッコは平常通り運転しましたが、災害の影響で、会場までの行き帰りに著しく時間がかかったためです。) 

午後からは、代行バスの利用者も赤村トロッコのお客様も少なくなったため、トロッコは以前と同じ場所から発着しました。
落ち着いてのんびりトロッコが走るようになったのは、夕方が近づいたころでした。


■2018年7月8日
●豪雨災害のため全便運休し、中止となりました。


■2018年6月10日
●梅雨時でしたが、当日の日中は晴れました。この年最高の、300名余りの方々にご来場頂きました。
当日は、相当な混雑でした。
トンネル内も、橋の上も、ひちすらトロッコは走り続けます。


■2018年5月13日
●小雨の天気の中のご来場、ありがとうございました。
 雨の中、トロッコは進んでいきます。
 トンネル内も、前面フードを付けて進んでいきます。


■2018年4月8日
●当日は、非常に寒い中を、多くのお客様にご乗車いただきました。
この日は、機関車の屋根を外して運行しました。
駅では、多くの人が出発を待っています。
たくさんのお客さんを乗せて、行き交いました。
この日の運行終了後、機関車に再び屋根を取り付けて車庫に戻しました。



■2018年3月11日
●屋根を取り替え、赤村トロッコはワインレッドの色となって運行です。
寒い中のご来場、ありがとうございます。
新装なった赤色のトロッコが、出発していきます。
トンネル内も軽快に進みます。 



(車体が新しくなったために、フラッシュを焚くとこれまで以上に屋根や柱に乱反射してしまい、きれいに写りません。この写真は、フラッシュを焚かずに、高感度撮影したものです。)
午後からは外もポカポカ陽気になり、トロッコは元気に走っていきました。

 当日は、通常13便程度運行のところ、9便の運行でした。
 [整備が続いているため、塗色や装備は少しずつ変わっています。ご了承ください。]

記載されている内容は、掲載当時の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

問合せ先

赤村役場 (平日昼間のみ)
〒824-0432
福岡県田川郡赤村大字内田1188
TEL 0947-62-3000